観光地のオススメCafe

景色に癒やされる!びわ湖テラスのCafeが素敵すぎて超オススメ!

ゴールデンウィークにびわ湖テラスに行ってきました!

感想を一言で言ってしまうと…

最高でした!

ちょっと足を伸ばして行くレジャーにもなるし、子連れ家族にもカップルにもオススメ。

この記事では、びわ湖テラスの感想やゴールデンウィークの混雑状況についてもご紹介いたします!

びわ湖テラスとは?

びわ湖バレイという、眼下に日本一の湖、琵琶湖を望むネイチャーリゾートがあります。その中にある、広大な景色を望めるカフェ一帯がびわ湖テラスです!

麓からロープウェイで5分、標高1,108mの打見山から1,174mの蓬莱山にかけて広大な高原が広がります。

びわ湖テラスや迫力のアクティビティ、ハンドメイド遊具など、さまざまな天空体験ができます。

びわ湖バレエ

私はアクティビティができるのを知らず、思い切りスカートで行ってしまったのでカフェや景色を味わうだけで終わりましたが、迫力満点のアクティビティもすごく面白そうでしたし、風を切って涼しそうなので夏場も良さそうでした!

ジップライン、すごい迫力ですよね!

お子さんが遊べるエリアもあったので、子どもも大人も楽しめる場所です。

ふたつの山頂にある、ふたつの琵琶湖テラス「The Main」と「Cafe 360」では息を呑むような琵琶湖の絶景の中、大人が心から寛げる空間を用意されています!

ゆったりと広がるウッドテラスに腰を下ろし、びわ湖の絶景を堪能することができます♡

カフェやレストラン、お土産屋さんも充実していました。

びわ湖テラスの行き方と注意点

びわ湖テラスにたどり着くまでには長い道のりが待ち受けています!笑

こちら、びわ湖バレエさんの公式サイトより拝借しました。

こちらに書かれているとおり、びわ湖テラスもアトラクションもすべて山頂にあります。

まず車か電車で赤い○印の駐車場まで行きます。

そこからロープウェイ乗り場まではシャトルバスで行きました。このシャトルバスはゴールデンウィークだけ臨時で運行していたのかな?もし行かれる際にはご確認くださいね。

バスでロープウェイ乗り場まで着き、そこからロープウェイに乗って山頂へ向かいます。

ロープウェイの料金は、大人往復2,500円でした!ちょっとお高めですよね。笑

ちなみに駐車場の料金も、乗用車1台2,000円でした。

私たちは夫婦ふたりで車で行ったので、ロープウェイに乗る前の時点で7,000円使ったことになり、「おぉ!お金使ってるね〜」なんて話していました。

日本一の速さで標高1,100mの山頂まであっという間。
眼下には琵琶湖の雄大な景色が広がります。

ちなみにロープウェイに乗っているときの様子がこちら。めっちゃ盛り上がっています!笑

(音量注意)

 

全長1,783/高低差782.23m/秒速12m/乗車定員121


4月~11月の観光シーズンは景色を楽しめるように、低速運転(秒速7m)で運行しているそうです。

定員が121名ということですごい人数が乗れるんですね。中は満員電車みたいな感じでした。

窓際に立てれば景色を楽しめますが、窓際に立てない場合はほとんど景色は楽しめません…!私たちは窓際に立てなかったので、登っている最中の景色は楽しめませんでした。でもまぁ、山頂に行けばたくさん見られるので大丈夫です!

注意点としては、午前中の早めに行った方が良いということ!

ロープウェイは9時半から運行しているので、私たちは10時頃に着くように行きました。

なぜ午前中の早めが良いかと言うと、駐車場が満車になる可能性が高いと聞いていたからです。特にゴールデンウィークは、駐車場が混み合います。

なので、待ち時間なしで行きたい場合にはオープンと同時くらいに行くようなイメージでも良いと思います。私たちが帰る15時半頃には、入り待ちの車がズラズラーと並んでいました。

山の上なので、午後になるとちょっと寒くなってきます。真夏はわかりませんが、ゴールデンウィークの時点では午後トレンチコートを着ていてちょうど良いくらいの気候でした。

駐車場が混雑する・午後は風が出てきて肌寒くなる

ということが言えるので、行くなら午前中がおすすめですよ!気温は通常よりも低くなるので、羽織るものを忘れずに!

びわ湖テラスの感想

こちらがロープウェイから降りて、山頂から見た景色です!!!

めちゃくちゃキレイじゃないですか??

こちらは、レストランなど全体を見た様子。高い場所にあるのがわかりますね♪

複数あるカフェのうち、私たちはThe Mainの北側、どこまでも続く稜線美と雄大な北湖を一望できる「North Terrace」を利用しました。

ソファでくつろぎながら絶景を堪能できる席に惹かれてしまいました♡

こちらは先着制有料席「インフィニティラウンジ」とカフェスタンドが併設されています。

先着制有料席は45分間の時間制になっています。事前予約はできないので、直接その場に行ってすぐ入るか、または時間で予約をして再度行くかのどちらかになります。

時間はこんな感じで決まっていました。

9:30 10:15 10:00 10:45 10:30 11:15 11:00 11:45
11:30 12:15 12:00 12:45 12:30 13:15 13:00 13:45
13:30 14:15 14:00 14:45 14:30 15:15 15:00 15:45
15:30 16:15

平日は②以降のご案内となります。 ⑬は秋以降実施していない場合があります。

 

食事代とお席代がセットになっています。(下記料金は一人分です)

インフィニティプラン⇒3,000円(フードBOX+焼き菓子BOX+ドリンク)

シャンパンプラン⇒3000円(フードBOX+モエ・エ・シャンドン200ml)

カフェブラン⇒2000円(焼き菓子BOX+ドリンク)

フードBOXも焼き菓子BOXも内容は決まっています。

私たちは昼食はレストランで食べたので、こちらでは焼き菓子BOXとドリンクセットのカフェプランにしました!

フィナンシェやマカロンなど4種の焼き菓子が入っていました。

ドリンクはアルコールやソフトドリンクから選べます。

夫はビール・私は紅茶を頼みました。

焼き菓子の場合は、その場で食べきれなくても持ち帰ることができるのでありがたいです。
持ち帰り用の紙袋までいただきました♡

びわ湖を一望しながらゆったりとした席でお茶する時間…

控えめに言って最高でした♡

有料の席なので、取り合いということはなかったです。ゴールデンウィークだったので有料でも席が取れただけラッキーでした。

たまには高いところからボーッと景色を眺める時間も大事だなと思いました!

びわ湖テラスの情報

びわ湖バレイ

所在地:〒520-0514 滋賀県大津市木戸1547-1

お問い合わせTEL:077-592-1155

駐車場

営業日 びわ湖バレイ営業日に準ずる
時間  ロープウェイ始発の30分前~1800頃(お客様のご利用時間考慮)

平日

乗用車1,000円 / バス1,500円 / バイク500円(原付は無料※道路交通法参照)

土日祝・8/1018

乗用車2,000円 / バス3,000円 / バイク1,000円(原付は無料※道路交通法参照)

 

ロープウェイ

営業日

通年運行    ※15分間隔運行:毎時00153045
びわ湖バレイ休業日には運休。

営業時間

46日(土)~1124日(日)    ※15分間隔運行:毎時00153045

9301700(土日祝と8月は900~)   上り最終1630  下り最終1700

1111日(月)以降全日 9301630    上り最終1600  下り最終1630

週末などは混雑状況により、当日の朝判断で始発便の運行を予定より早める場合がございます。

往復券

大人

小学生

幼児(3才~)

2,500

1,000

600

ペット1500

登山者用
片道券

大人

小学生

幼児(3才~)

1,400

600

400

山麓・山頂両方で販売
登山道は整備されていない急こう配の本格的な登山道になります。(片道3時間~3時間半)
チケットは山麓・山頂両方で販売。冬季は販売しておりません。

障害者割引
(往復券)

1種の方は、ご本人様と付添1名様までロープウェイ料金半額(片道にも適用)
2種の方は、ご本人様のみ
 ※割引はロープウェイのみです。その他割引との併用もできません。

びわ湖テラスまとめ

今回は滋賀県にあるびわ湖テラスについてレポしました!

展望デッキから望む景色は絶景ですし、カフェでお茶やランチをしながら眺める時間もまた格別です。

私たちは今回はカフェや展望デッキのみの利用でしたが、アクティビティも面白そうだったので次回はアクティビティにも挑戦してみたいと思います!
お天気の良い日のお出かけに、ぜひびわ湖テラスに行ってみてくださいね♡